海洋散骨のメリットとは

subpage1

最近注目を集めている散骨の中でも、海に遺骨を撒く海洋散骨がもっとも人気となっています。



メリットとしては、お墓が必要なくなり、管理も不要となるため、維持費がかからない。


お墓を継ぐ親族の心配をしなくてもよい。宗教や宗派に関係なく行うことができる。

故人の希望を叶えることができる。



大自然へ還ることができるなどのメリットがあります。

中でも、お墓を購入する必要がないため、経済的というのがもっとも大きなメリットといえます。また、近年では、慣習にとらわれたくない、家族に迷惑をかけたくないという考え方の人も増え、そういった故人の意思を尊重することも可能です。
すべての生物は、死語自然に還るのが当たり前ですから、人間も最後は自然に還るという散骨の考え方は、ごく自然な考え方といえます。

欧米では海洋散骨は広く普及していますし、インドなどでも川や海に遺体や遺骨を流す水葬が一般的です。



ただ、日本では、お墓に埋葬するという習慣が根付いているため、立派なお墓を建てて、そのお墓を守っていくのが当たり前となっているため、遺骨を撒くということには、抵抗感を持つ人も少なくありません。

ただ、少子高齢化の現代社会では、お墓を継ぐことが難しく、お墓を購入するにも、数百万円かかりますから、大きな費用負担となってしまいます。
シンプルな海洋散骨の場合、非常にリーズナブルな価格で行うことができ、墓参りや墓守も必要ありませんから、遺族や子孫にとっても、負担が軽いというメリットがあります。