散骨をおこなうメリットと方法

subpage1

散骨とは、故人の遺体を火葬して粉末状にし、海や山、空などに散布する埋葬方法のことをいいます。

この方法は費用が安く済むことはもちろんですが、手作りの温かみのある葬儀になるという大きなメリットもあるのです。自分で行なう場合と業者にお願いする場合の二択になります。
特別な申請や許可は必要なく、合法であります。


最近では少子化や核家族なども増え、ますます需要が増えてきています。

散骨を行なうことで、故人が自然に還ることができます。合法ではありますが、故人を送り出すという目的をしっかりともち、マナーを守ることが重要になります。
費用が安く済むことだけでなく、時間に縛られずにお別れができる、すぐにでも行動が可能である、自分のやり方でできる、などのメリットもあります。



散骨の方法ですが、必ず粉状の粉骨にすることが重要です。


環境や故人にもやさしい方法になります。

遺骨をそのままの状態で行なうと法に触れることになりますので、注意しましょう。
また、自宅で骨壷を開ける勇気がない、迷いがある場合などのときは、信頼できる業者に相談することも可能です。

現在は散骨を専門に行なう業者も多数あります。


このように、散骨にはさまざまなメリットがあります。


故人との思い出に浸りながら、ゆっくりとお別れをしたい方には最適な方法です。



ただし、大自然に還すことを念頭に置き、環境保護の意識ももたなければなりません。



時代にあった新しい葬儀のかたちといえるでしょう。

注目情報

subpage2

最近注目を集めている散骨の中でも、海に遺骨を撒く海洋散骨がもっとも人気となっています。メリットとしては、お墓が必要なくなり、管理も不要となるため、維持費がかからない。...

more

納得の知識!

subpage3

散骨には、法律上の規制はありませんが、法務省の見解では、節度を持って行えば、遺骨遺棄罪には当たらないとされています。ただ、自治体によっては、条例などで散骨を禁止しているところもありますから、検討している場合には、その地域で可能かどうかを役所に確認しておくとよいでしょう。...

more

関連情報

subpage4

最近注目されている散骨は、業者に依頼して、粉骨をしたり船をチャーターしてもらうのが一般的ですが、業者に任せずに個人で散骨することも可能です。個人が散骨を行うにあたっては、公的な手続きや届出などは必要ありませんが、遺骨はそのままではなく細かく粉砕したり、漁場や海上交通、釣り場などを避けるなどのルールを守る必要があります。...

more

知りたい生活事情

subpage5

少子高齢化や核家族化が急速に進む中、お墓について悩んでいるという人は増えています。先祖代々のお墓を継いでくれる人がいなかったり、新たにお墓を購入する費用負担、都市部でのお墓不足など、人それぞれ理由は異なりますが、お墓についての悩みや心配をしている人は少なくありません。...

more