個人で散骨する場合にかかる費用

subpage1

最近注目されている散骨は、業者に依頼して、粉骨をしたり船をチャーターしてもらうのが一般的ですが、業者に任せずに個人で散骨することも可能です。

個人が散骨を行うにあたっては、公的な手続きや届出などは必要ありませんが、遺骨はそのままではなく細かく粉砕したり、漁場や海上交通、釣り場などを避けるなどのルールを守る必要があります。
業者に依頼して行う場合には、遺骨の粉末化だけではなく、委託散骨なども行うことできます。
その場合の費用は約5〜10万円、船に遺族が同乗して葬送儀式とともに行う場合には、20〜40万円ほどの費用が相場となっています。どちらにしても、一般的な墓地に埋葬するという葬送に比べ、費用を大幅に抑えることが可能で、個人で行えばそれ以上に費用を抑えることが可能です。


散骨が最近注目されている理由には、核家族化や少子化、都心部での墓地不足などが背景にあります。



お墓の維持や継承が困難となってきたり、形式や慣習にとらわれない人が増え、暗いイメージの墓地への埋葬よりも、美しい自然に還るという明るいイメージがあることも、選ばれている理由の一つといえます。



以前は違法行為と多くの人に思われていましたが、1991年に法の規制外という見解が出されたことで、一気に脚光を浴びるようになりました。



ただ、気をつけないといけないことは、まだまだ日本では主流となる葬送は、お墓に埋葬し、お墓参りをして供養するという考え方の人が多く、海や山に遺骨を撒くということに、違和感や嫌悪感を持つ人も少なくありません。故人が希望していても、遺族や親戚から反対されるというケースも少なくありませんから、周囲の理解を得ておくことが大事です。